次亜塩素酸水溶水BS

「微酸性次亜塩素酸水」は、「生成方法」の違いで、2種類あります。

「電解水」タイプ、「希釈混合水」タイプ共に、消臭などの「効果・安全性」に変わりはないとされています。 じゃあ何が違うの?一緒じゃないの?の疑問にお応えするべく、ざっくりとですが説明をさせていただきます。

次亜塩素酸水溶水BS

BSは微酸性次亜塩素酸水溶水(pH6.5)です。消臭効果が高く、ウイルスや臭いの元を一瞬で分解!除菌効果を得るには次亜塩素酸の比率が高い方が効果があるため、微酸性が最適な状態と言われています。BSは、最適な状態を、安心安全に皆様へお届けします。

次亜塩素酸水溶水BS
次亜塩素酸水溶水BS

下記は、手の表面を寒天に合わせ、手のひらの汚れを一週間繁殖させたものを「除菌前」とし、その後BSに漬けこんだものを「除菌後」とした自社の実験結果です。
表面の多くの菌が減っているのが確認できるかと思います。

次亜塩素酸水溶水BS

いろいろな場所で使用されています。

会社、飲食店などで
山古志本舗昼夜の寒暖差
食品添加物ですので、食品を扱う場所・飲食店などでもお使い頂けます。
学校や保育園、介護施設などで
山古志本舗清らかな雪解け湧き水
確かな安全性が確証されていますので、学校や保育園、また介護施設等にもおすすめです。
公共施設などで
山古志本舗優れた土壌
公共施設など人が集まる場所での椅子やテーブルへの消毒に使えます。

購入はこちらより