ATP検査イメージ





ATP測定の原理

この測定は、ホタル腹部の発光器の中で起きている酵素反応を利用しています。 ATPは、ルシフェリンと酸素の存在下でルシフェラーゼ(酵素)を反応させることにより AMPに変化します。 その際、光エネルギーが放出されます。この酵素反応は、生物発光と呼ばれています。 その発光量を測定することによりATPの量を正確に知ることができます。 さらに当社独自のシステム ATPふき取り検査(A3法)は、 ADP、AMPを、ATPに変換し測定するので高い発光量を得る事が出来ます。 ※ADPはAdenosine diphosphate(アデノシン二リン酸)、AMPはAdenosine monophosphate(アデノシン一リン酸)の略語です。 ※A3法はキッコーマンバイケミファ独自の測定法でATP (アデノシン三リン酸)を汚染指標にして、 ATPだけでなく、ADP、AMPも測定位することでより高感度の測定が可能な方法です。


ATP検査

ATP測定の測定後イブシ銀コート施工の結果

ATP測定後、イブシ銀コート施工し3週間後までの数値を公開いたます。
施工前から3ケ月調査した結果イブシ銀施工を実施することによって数値約10分の1まで下がることがわかります。

ATP検査